ちあきメディカルクリニック
TOPページ
院長挨拶
診療案内
施設案内
アクセス
 
■ 2013(2014冬)のインフルエンザワクチン接種の予約開始!
 

■ 2013/2014シーズン 季節性インフルエンザワクチン

今年度のインフルエンザワクチンには、1本のワクチンにA型2種類、B型1種類、合計3種類の抗原が含まれます。
ワクチン株の内容は、以下のとおりです

1.A型インフルエンザ A/カリフォルニア/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
2.A型インフルエンザ/テキサス/361/2012(X-223)(H3N2)
3.B型インフルエンザ B/マサチュセッツ/02/2012(BX-519)

 

 インフルエンザはよく普通のかぜ(普通感冒)と誤解されますが、ウイルスの種類が異なり、高熱がでるだけでなく、場合によっては重症化、合併症をも引き起こす恐れのある感染症です。

 インフルエンザは、健康に大きな被害を及ぼす感染症として、法律でも指定されています。

 特に、かぜとは、原因となるウイルスの種類が異なり、通常の“かぜ”(普通感冒)はのどや鼻に症状が現れるのに対し、インフルエンザは急に38〜40度の高熱がでるのが特徴です。

 さらに、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状も強く、これらの激しい症状は通常5日間ほど続きます。

 また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を起こすこともあり、体力のない高齢者や乳幼児などは命にかかわることもあります。

 インフルエンザは突如、強烈な流行が発生することが特徴です。「スペインかぜ」 「香港かぜ」など世界的に大流行し多くの死者を出したインフルエンザもあります。

 健康な人もインフルエンザにかかると本人が苦しい思いをするだけでなく、ウイルスをまき散らして周囲の人に感染する原因にもなります。

 この様に、実際には、怖い病気の一つといえます。しかも、インフルエンザは、非常に身近に存在していますので、インフルエンザにかからないように、予防をすることが大変重要です。


 

■ 日常的な予防

   @  栄養と休養を必ず取ること

   A 人ごみを避ける

   B 適度な温度・湿度を保つ(インフルエンザウィルスは、低温・乾燥が大好き)

   C 外出後は、手洗い・うがいを必ずする。

   D 外出中は、マスクをする。(高齢者・子供・慢性疾患の方は、お勧めします)

■ ワクチンによる予防

 日常的な予防に加え、インフルエンザにかからないようにするためには、ワクチン接種が、最も確実な予防方法です。

  インフルエンザワクチンを接種した場合、健康な成人でインフルエンザに対する発症予防効果は70〜90%と高い効果が認められています。

  また、高齢者の方などの死亡率を80%まで減らすなど、重症化も避けることができます。

  当クリニックでは、インフルエンザの予防として、ワクチンを接種することをお勧めしています。


 

 当クリニックでは、インフルエンザ・ワクチンの接種が一番の予防であると、皆様にご案内しています。
ただし、ワクチン接種は、自費となるため、皆様の負担を少しでも軽減していただくために、下記のような料金にて、インフルエンザ・ワクチン接種を行っております。

また、
高齢者の方・お子様・慢性疾患の方々は、2回のワクチン接種をお勧めしてます。

  ※ワクチン接種時の健康状態によっては、接種ができない場合がございます。
   健康状態が思わしくない方は、医師までご相談ください。

  ■ インフルエンザ・ワクチン接種料

     一般の方 ・・・・ 
2500円(税込)

     川越市内在住で65歳以上の方 ・・・・ 
1000円 (税込)
      (川越近隣の市町村の65歳以上方も、お住まいの市の補助金を
       使えるようになりました。詳しくは、ご予約の際ご確認ください。)

  ご予約は、お電話にて受け付けております。
   (ご予約がない場合、ワクチン接種をお断りしております。必ずご予約ください。)

  ■ ご予約方法

     下記にお電話の上、ご予約ください。

     ※ ご予約可能時間(ワクチン接種実施時間)

 
PM12:00〜PM12:30 × ×
PM5:00〜PM5:30 × × ×

※上記時間帯以外でのワクチン接種はおこなっておりません
※月・火・木・金曜日のみPM5:00からの接種があります。

※水曜日は、休診日となります。


インフルエンザ・ワクチン予約先  
049−225−0199